出エジプト記 1章

目次  第2章

1 1 さて、ヤコブといっしょに、それぞれ自分の家族を連れて、エジプトへ行ったイスラエルの子たちの名は次のとおりである。
1 2 ルベン、シメオン、レビ、ユダ。
1 3 イッサカル、ゼブルンと、ベニヤミン。
1 4 ダンとナフタリ。ガドとアシェル。
1 5 ヤコブから生まれた者の総数は七十人であった。ヨセフはすでにエジプトにいた。
1 6 そしてヨセフもその兄弟たちも、またその時代の人々もみな死んだ。
1 7 イスラエル人は多産だったので、おびただしくふえ、すこぶる強くなり、その地は彼らで満ちた。
1 8 さて、ヨセフのことを知らない新しい王がエジプトに起こった。
1 9 彼は民に言った。「見よ。イスラエルの民は、われわれよりも多く、また強い。
1 10 さあ、彼らを賢く取り扱おう。彼らが多くなり、いざ戦いというときに、敵側についてわれわれと戦い、この地から出て行くといけないから。」
1 11 そこで、彼らを苦役で苦しめるために、彼らの上に労務の係長を置き、パロのために倉庫の町ピトムとラメセスを建てた。
1 12 しかし苦しめれば苦しめるほど、この民はますますふえ広がったので、人々はイスラエル人を恐れた。
1 13 それでエジプトはイスラエル人に過酷な労働を課し、
1 14 粘土やれんがの激しい労働や、畑のあらゆる労働など、すべて、彼らに課する過酷な労働で、彼らの生活を苦しめた。
1 15 また、エジプトの王は、ヘブル人の助産婦たちに言った。そのひとりの名はシフラ、もうひとりの名はプアであった。
1 16 彼は言った。「ヘブル人の女に分娩させるとき、産み台の上を見て、もしも男の子なら、それを殺さなければならない。女の子なら、生かしておくのだ。」
1 17 しかし、助産婦たちは神を恐れ、エジプトの王が命じたとおりにはせず、男の子を生かしておいた。
1 18 そこで、エジプトの王はその助産婦たちを呼び寄せて言った。「なぜこのようなことをして、男の子を生かしておいたのか。」
1 19 助産婦たちはパロに答えた。「ヘブル人の女はエジプト人の女と違って活力があるので、助産婦が行く前に産んでしまうのです。」
1 20 神はこの助産婦たちによくしてくださった。それで、イスラエルの民はふえ、非常に強くなった。
1 21 助産婦たちは神を恐れたので、神は彼女たちの家を栄えさせた。
1 22 また、パロは自分のすべての民に命じて言った。「生まれた男の子はみな、ナイルに投げ込まなければならない。女の子はみな、生かしておかなければならない。」

第2章