エペソ人への手紙 5章

目次  第4章  第6章

5 1 ですから、愛されている子どもらしく、神にならう者となりなさい。
5 2 また、愛のうちに歩みなさい。キリストもあなたがたを愛して、私たちのために、ご自身を神へのささげ物、また供え物とし、香ばしいかおりをおささげになりました。
5 3 あなたがたの間では、聖徒にふさわしく、不品行も、どんな汚れも、またむさぼりも、口にすることさえいけません。
5 4 また、みだらなことや、愚かな話や、下品な冗談を避けなさい。そのようなことは良くないことです。むしろ、感謝しなさい。
5 5 あなたがたがよく見て知っているとおり、不品行な者や、汚れた者や、むさぼる者――これが偶像礼拝者です。――こういう人はだれも、キリストと神との御国を相続することができません。
5 6 むなしいことばに、だまされてはいけません。こういう行ないのゆえに、神の怒りは不従順な子らに下るのです。
5 7 ですから、彼らの仲間になってはいけません。
5 8 あなたがたは、以前は暗やみでしたが、今は、主にあって、光となりました。光の子どもらしく歩みなさい。
5 9 ――光の結ぶ実は、あらゆる善意と正義と真実なのです。――
5 10 そのためには、主に喜ばれることが何であるかを見分けなさい。
5 11 実を結ばない暗やみのわざに仲間入りしないで、むしろ、それを明るみに出しなさい。
5 12 なぜなら、彼らがひそかに行なっていることは、口にするのも恥ずかしいことだからです。
5 13 けれども、明るみに引き出されるものは、みな、光によって明らかにされます。
5 14 明らかにされたものはみな、光だからです。それで、こう言われています。「眠っている人よ。目をさませ。死者の中から起き上がれ。そうすれば、キリストが、あなたを照らされる。」
5 15 そういうわけですから、賢くない人のようにではなく、賢い人のように歩んでいるかどうか、よくよく注意し、
5 16 機会を十分に生かして用いなさい。悪い時代だからです。
5 17 ですから、愚かにならないで、主のみこころは何であるかを、よく悟りなさい。
5 18 また、酒に酔ってはいけません。そこには放蕩があるからです。御霊に満たされなさい。
5 19 詩と賛美と霊の歌とをもって、互いに語り、主に向かって、心から歌い、また賛美しなさい。
5 20 いつでも、すべてのことについて、私たちの主イエス・キリストの名によって父なる神に感謝しなさい。
5 21 キリストを恐れ尊んで、互いに従いなさい。
5 22 妻たちよ。あなたがたは、主に従うように、自分の夫に従いなさい。
5 23 なぜなら、キリストは教会のかしらであって、ご自身がそのからだの救い主であられるように、夫は妻のかしらであるからです。
5 24 教会がキリストに従うように、妻も、すべてのことにおいて、夫に従うべきです。
5 25 夫たちよ。キリストが教会を愛し、教会のためにご自身をささげられたように、あなたがたも、自分の妻を愛しなさい。
5 26 キリストがそうされたのは、みことばにより、水の洗いをもって、教会をきよめて聖なるものとするためであり、
5 27 ご自身で、しみや、しわや、そのようなものの何一つない、聖く傷のないものとなった栄光の教会を、ご自分の前に立たせるためです。
5 28 そのように、夫も自分の妻を自分のからだのように愛さなければなりません。自分の妻を愛する者は自分を愛しているのです。
5 29 だれも自分の身を憎んだ者はいません。かえって、これを養い育てます。それはキリストが教会をそうされたのと同じです。
5 30 私たちはキリストのからだの部分だからです。
5 31 「それゆえ、人はその父と母を離れ、妻と結ばれ、ふたりは一心同体となる。」
5 32 この奥義は偉大です。私は、キリストと教会とをさして言っているのです。
5 33 それはそうとして、あなたがたも、おのおの自分の妻を自分と同様に愛しなさい。妻もまた自分の夫を敬いなさい。

第6章