伝道者の書 6章

目次  第5章  第7章

6 1 私は日の下で、もう一つの悪があるのを見た。それは人の上に重くのしかかっている。
6 2 神が富と財宝と誉れとを与え、彼の望むもので何一つ欠けたもののない人がいる。しかし、神は、この人がそれを楽しむことを許さず、外国人がそれを楽しむようにされる。これはむなしいことで、それは悪い病だ。
6 3 もし人が百人の子どもを持ち、多くの年月を生き、彼の年が多くなっても、彼が幸いで満たされることなく、墓にも葬られなかったなら、私は言う、死産の子のほうが彼よりはましだと。
6 4 その子はむなしく生まれて来て、やみの中に去り、その名はやみの中に消される。
6 5 太陽も見ず、何も知らずに。しかし、この子のほうが彼よりは安らかである。
6 6 彼が千年の倍も生きても、――しあわせな目に会わなければ、――両者とも同じ所に行くのではないか。
6 7 人の労苦はみな、自分の口のためである。しかし、その食欲は決して満たされない。
6 8 知恵ある者は、愚かな者より何がまさっていよう。人々の前での生き方を知っている貧しい人も、何がまさっていよう。
6 9 目が見るところは、心があこがれることにまさる。これもまた、むなしく、風を追うようなものだ。
6 10 今あるものは、何であるか、すでにその名がつけられ、また彼がどんな人であるかも知られている。彼は彼よりも力のある者と争うことはできない。
6 11 多く語れば、それだけむなしさを増す。それは、人にとって何の益になるだろう。
6 12 だれが知ろうか。影のように過ごすむなしいつかのまの人生で、何が人のために善であるかを。だれが人に告げることができようか。彼の後に、日の下で何が起こるかを。

第7章