アモス書 3章

目次  第2章  第4章

3 1 イスラエルの子らよ。主があなたがた、すなわちわたしがエジプトの地から連れ上ったすべての氏族について言った、このことばを聞け。
3 2 わたしは地上のすべての部族の中から、あなたがただけを選び出した。それゆえ、わたしはあなたがたのすべての咎をあなたがたに報いる。
3 3 ふたりの者は、仲がよくないのに、いっしょに歩くだろうか。
3 4 獅子は、獲物がないのに、森の中でほえるだろうか。若い獅子は、何も捕えないのに、そのほら穴から叫ぶだろうか。
3 5 鳥は、わながかけられないのに、地の鳥網にかかるだろうか。鳥網は、何も捕えないのに、地からはね上がるだろうか。
3 6 町で角笛が鳴ったら、民は驚かないだろうか。町にわざわいが起これば、それは主が下されるのではないだろうか。
3 7 まことに、神である主は、そのはかりごとを、ご自分のしもべ、預言者たちに示さないでは、何事もなさらない。
3 8 獅子がほえる。だれが恐れないだろう。神である主が語られる。だれが預言しないでいられよう。
3 9 アシュドデの宮殿と、エジプトの地の宮殿に告げて言え。「サマリヤの山々の上に集まり、そのうちの大恐慌と、その中のしいたげを見よ。
3 10 彼らは正しいことを行なうことを知らない。――主の御告げ。――彼らは自分たちの宮殿で、暴虐と暴行を重ねている。」
3 11 それゆえ、神である主はこう仰せられる。「敵だ。この国を取り囲んでいる。彼はあなたの権威を地に落とし、あなたの宮殿はかすめ奪われる。」
3 12 主はこう仰せられる。「羊飼いが、雄獅子の口から、二本の足、あるいは耳たぶを取り返すように、サマリヤに住んでいるイスラエルの子らは、寝台の隅やダマスコの長いすから救い出される。」
3 13 「聞け。そして、これをヤコブの家に証言せよ。――神である主、万軍の神の御告げ。――
3 14 まことに、イスラエルがわたしに犯したそむきの罪を、わたしが罰する日に、わたしはベテルの祭壇を罰する。その祭壇の角は折られて、地に落ちる。
3 15 わたしは冬の家と夏の家とを打つ。象牙の家々は滅び、多くの家々は消えうせる。――主の御告げ。――」

第4章