テサロニケ人への手紙 第一 5章

目次  第4章

5 1 兄弟たち。それらがいつなのか、またどういう時かについては、あなたがたは私たちに書いてもらう必要がありません。
5 2 主の日が夜中の盗人のように来るということは、あなたがた自身がよく承知しているからです。
5 3 人々が「平和だ。安全だ。」と言っているそのようなときに、突如として滅びが彼らに襲いかかります。ちょうど妊婦に産みの苦しみが臨むようなもので、それをのがれることは決してできません。
5 4 しかし、兄弟たち。あなたがたは暗やみの中にはいないのですから、その日が、盗人のようにあなたがたを襲うことはありません。
5 5 あなたがたはみな、光の子ども、昼の子どもだからです。私たちは、夜や暗やみの者ではありません。
5 6 ですから、ほかの人々のように眠っていないで、目をさまして、慎み深くしていましょう。
5 7 眠る者は夜眠り、酔う者は夜酔うからです。
5 8 しかし、私たちは昼の者なので、信仰と愛を胸当てとして着け、救いの望みをかぶととしてかぶって、慎み深くしていましょう。
5 9 神は、私たちが御怒りに会うようにお定めになったのではなく、主イエス・キリストにあって救いを得るようにお定めになったからです。
5 10 主が私たちのために死んでくださったのは、私たちが、目ざめていても、眠っていても、主とともに生きるためです。
5 11 ですから、あなたがたは、今しているとおり、互いに励まし合い、互いに徳を高め合いなさい。
5 12 兄弟たちよ。あなたがたにお願いします。あなたがたの間で労苦し、主にあってあなたがたを指導し、訓戒している人々を認めなさい。
5 13 その務めのゆえに、愛をもって深い尊敬を払いなさい。お互いの間に平和を保ちなさい。
5 14 兄弟たち。あなたがたに勧告します。気ままな者を戒め、小心な者を励まし、弱い者を助け、すべての人に対して寛容でありなさい。
5 15 だれも悪をもって悪に報いないように気をつけ、お互いの間で、またすべての人に対して、いつも善を行なうよう務めなさい。
5 16 いつも喜んでいなさい。
5 17 絶えず祈りなさい。
5 18 すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。
5 19 御霊を消してはなりません。
5 20 預言をないがしろにしてはいけません。
5 21 すべてのことを見分けて、ほんとうに良いものを堅く守りなさい。
5 22 悪はどんな悪でも避けなさい。
5 23 平和の神ご自身が、あなたがたを全く聖なるものとしてくださいますように。主イエス・キリストの来臨のとき、責められるところのないように、あなたがたの霊、たましい、からだが完全に守られますように。
5 24 あなたがたを召された方は真実ですから、きっとそのことをしてくださいます。
5 25 兄弟たち。私たちのためにも祈ってください。
5 26 すべての兄弟たちに、聖なる口づけをもってあいさつをなさい。
5 27 この手紙がすべての兄弟たちに読まれるように、主によって命じます。
5 28 私たちの主イエス・キリストの恵みが、あなたがたとともにありますように。