歴代誌 第一 24章

目次  第23章  第25章

24 1 アロンの子らの組分け。アロンの子らは、ナダブ、アビフ、エルアザル、イタマル。
24 2 ナダブとアビフはその父に先立って死に、彼らには子どもがなかったので、エルアザルとイタマルが祭司の務めについた。
24 3 ダビデは、エルアザルの子孫のひとりツァドク、およびイタマルの子孫のひとりアヒメレクと協力して、彼らをそれぞれの奉仕に任命し、それぞれの組に分けた。
24 4 エルアザルの子孫のほうが、イタマルの子孫よりも一族のかしらが多かったので、エルアザルの子孫は、父祖の家のかしらごとに十六組に、イタマルの子孫は、父祖の家ごとに八組に分けられた。
24 5 彼らはくじを引いて互いにそれぞれの組に分かれた。聖所の組のつかさたち、神の組のつかさたちは、エルアザルの子孫の中にも、イタマルの子孫の中にもいたからである。
24 6 レビ人の出の書記、ネタヌエルの子シェマヤが、王とつかさたち、および祭司ツァドクとエブヤタルの子アヒメレク、それに祭司とレビ人の一族のかしらたちの前で、それらを書きしるした。エルアザルの父祖の家を一つ一つ、イタマルのを一つ一つ。
24 7 第一のくじは、エホヤリブに当たった。第二はエダヤに、
24 8 第三はハリムに、第四はセオリムに、
24 9 第五はマルキヤに、第六はミヤミンに、
24 10 第七はコツに、第八はアビヤに、
24 11 第九はヨシュアに、第十はシェカヌヤに、
24 12 第十一はエルヤシブに、第十二はヤキムに、
24 13 第十三はフパに、第十四はエシェブアブに、
24 14 第十五はビルガに、第十六はイメルに、
24 15 第十七はヘジルに、第十八はピツェツに、
24 16 第十九はペタフヤに、第二十はエヘズケルに、
24 17 第二十一はヤキンに、第二十二はガムルに、
24 18 第二十三はデラヤに、第二十四はマアズヤに当たった。
24 19 これは主の宮にはいる彼らの奉仕のために登録された者たちで、彼らの先祖アロンがイスラエルの神、主の彼に命じられたところによって、定めたとおりである。
24 20 残りのレビ族については、アムラムの子孫ではシュバエル。シュバエルの子ではエフデヤ。
24 21 レハブヤについて、レハブヤの子では、そのかしらイシヤ。
24 22 イツハル人では、シェロミテ。シェロミテの子ではヤハテ。
24 23 ヘブロンの子は、そのかしらがエリヤ、第二はアマルヤ、第三はヤハジエル、第四はエカムアム。
24 24 ウジエルの子孫はミカ。ミカの子ではシャミル。
24 25 ミカの兄弟はイシヤ。イシヤの子ではゼカリヤ。
24 26 メラリの子はマフリとムシ。彼の子ヤアジヤの子孫、
24 27 すなわち、メラリの子孫で、彼の子ヤアジヤから出た者は、ショハム、ザクル、イブリ。
24 28 マフリからは、エルアザル。彼には子どもがなかった。
24 29 キシュからは、キシュの子孫のエラフメエル。
24 30 ムシの子孫は、マフリ、エデル、エリモテ。これが、それぞれその父祖の家に属するレビの子孫である。
24 31 彼らもまた、彼らの同族であるアロンの子らと全く同じように、ダビデ王とツァドクとアヒメレク、および祭司とレビ人の一族のかしらたちの前で、くじを引いた。一族では、かしらもその弟と全く同じであった。

第25章